よくある質問

葬儀のために準備しておいたほうがよいことはありますか?

[喪主について]
男女の別なく故人に最も縁の深い、実質的な後継者にあたる人が努めるのが一般的です。喪主は葬儀だけでなく、引き続き法事などの施主になることが多いのでご供養を責任もって行なえる人がふさわしいでしょう。

[自宅で行なう通夜や葬儀]
近所への挨拶を忘れないようにしましょう。弔問客で道路を占領してしまいそうなときは、当社へお問合せ下さい。状況に応じて所轄の警察に駐車許可を申請いたします。

[通夜]
最近は「半通夜」といって、6~7時頃から始まり、1~2時間位で終了します。喪主や遺族は引き上げる弔問客をお見送りしなくても失礼に当りません。もし、あいさつを受けたらその場で応えるか、目礼をする程度でよいのです。

[無宗教での葬儀]
故人の生き方・考え方、趣味や人柄などを考慮して、それらにふさわしい式次第や演出を考えてあげたいものです。 当社にてお話を伺いご提案させていただきます。