よくある質問

葬儀の日程はどうなりますか?

宗教者の都合や火葬場、式場の空き具合などを確認した上で決めます。
一般的には、死亡当日の夜に身内中心の通夜を行い、翌日には身内以外の弔問も受ける通夜をします。そして翌々日に葬儀・告別式・火葬という順番で執り行います。ただし、骨葬といって通夜の翌日に火葬に付し、その日の午後葬儀・告別式を行う地方もあります。
なお、火葬は指定感染症以外の場合は、死後24時間を経過してからでないと行えません。